« 社長も従業員 | トップページ

2012年10月12日 (金)

東日本大震災

東日本大震災は、今や借金国家となったアメリカが日本経済を悪化させるために仕掛けた、自然災害と思わせた人工地震による日本への見えない経済戦争だったのです。

アメリカは日本海溝辺りの海底で核爆発を3連続させて今回の震災を起こしました。

米軍は対日攻撃のために核兵器を海底のプレートに植えこむことで、地震と津波を発生させる計画のシミュレーションを繰り返していたのです。

1944年、ニュージーランドでの実験では、30メートルの津波を発生させることに成功していました。同じ1944年と45年には、日本の太平洋岸を大きな津波が襲い、それぞれ数千人が犠牲になったのです。この時、米軍の攻撃目標であった三菱重工業や中島飛行機の工場が壊滅的な打撃を受けているのです。

さて、地震兵器というものがあり、その起爆には核兵器が使われています。そして、いくつかの種類の核兵器を状況に応じて使い分けているようです。

これではニキビ跡が悪化してしまいます。

一番基本的なのは、従来型の水爆です。水爆というのは、核融合反応なんですが、それを引き起こすには高い熱と高い圧力が必要になります。それを作り出すために核分裂反応、つまり原爆が使われています。

« 社長も従業員 | トップページ

無料ブログはココログ